秋川街道の家

秋川街道の家
img_2
img_3
img_4
img_5
img_6
img_7
img_8
img_9
img_10
img_11
  • (c) Takumi Ota

秋川街道の家

  • 竣工年  :2009年
    設計   :flathouse
    施工   :原田建設
    所在地  :東京都
    敷地面積 :116.85m2
    建築面積 :52.17m2
    延床面積 :91.13m2
    木造2階建

    東京でもとりわけ自然が多い秋川に計画された住宅である。
    親世帯の母屋の前庭だったところに子世帯のための「離れ」として建てられた。そのため、母屋の環境にできるだけインパクトを与えないよう、ボリュームを抑えたシンプルな形状とした。シンメトリー構成の中心を吹き抜けとし、その空間を視界が突き抜けるように大きく開口を設けた。道路からこの建物を見たとき、窓から内部空間を突き抜けてその奥の外部空間にまで意識がいくことができたら、と考えたのである。一方、外観はできるだけ素朴な存在とするため、無地のサイデイングをクリア塗装で仕上げている。開口の下部の引き違いサッシは既成品を使用し、上部のフィックスサッシは下部のサッシの幅に合わせて現場で製作した。アルミの鋼材や木材を使い簡素に製作したフィックスサッシは既製品よりもすっきり見え、かといって工場で加工したもののような仰仰しさはない。内部の壁はMDFで統一し、開口部の額縁もMDFで仕上げてある。窓からの風景がMDFのさらりとした素材を通り抜けて反対側の窓へとつながっていく。

    < japanese english >

  • < japanese english >