GARDEN 表参道

GARDEN 表参道 店舗 ビル
img_2
img_3
img_4
img_5
img_6
img_7
  • (c) Takumi Ota

GARDEN 表参道

  • 竣工年 :2011年
    設計  :flathouse
    施工  :株式会社 青
    所在地 :東京都
    敷地面積:261.36m2
    建築面積:156.30m2
    延床面積:418.13m2
    S造3階建

    表参道から裏原宿に抜けるL型の路地に面して計画された店舗ビルである。
    路地の入り隅がそのまま膨らんだところをL型の空地とし、その空地に寄り添うようにL型の建物を配置した。地上の空地の他に2階、3階、屋上部分にもオープンスペースを設け、屋内と屋外のアクティビティがパラレルに進行していく店舗スペースをイメージしながら設計を進めた。一等地にも関わらずいままで人通りが少なかったL型の路地に少しずつ人の流れが増え、その流れが適度に淀む場所になることを目指した。
    L型の路地に面するファサードは、屋内と屋外のアクティビティをできるだけ等価にするため、ガラス張りとした。上下階のガラスとガラスの間に厚み70のコンクリートを詰め、溶融亜鉛メッキを施したスチールプレートを幕板として固定する単純な納まりとしている。カーテンウォールやサッシュの防火規定が厳格化された中、様々な納まりを検討した結果、最もシンプルなディテールを選択した。また、路地に面していない外壁は押出成形セメント板を仕上げとし、ガラス面と同じく溶融亜鉛メッキを施したスチールプレートを幕板に使用しガラス面と納まりを統一している。125×125 のST柱と125×250のST梁のほとんどは耐火被覆を吹き付け、あえて可能な限りガラスに接近させた。それは勿論、安価な材料で耐火の仕様としつつ店舗の有効面積を最大限にするという目的もあるが、むしろ、耐火被覆の「ざらざら」とガラスの「ツルツル」が接近することにより生まれる不協和音がこの建物とその中に入る店舗にファクトリーのような性格を与えることを期待している。

    < japanese english >

  • < japanese english >