なみなみの家

なみなみの家
img_2
img_3
img_4
img_5
img_6
img_7
img_8
img_9
img_10
img_11
img_12
img_13
img_14
  • (c) Takumi Ota

なみなみの家

  • 竣工年  :2010年
    設計   :flathouse
    施工   :長橋工務店
    所在地  :東京都
    敷地面積 :65.86m2
    建築面積 :21.81m2
    延床面積 :66.58m2
    木造地下1階
    地上2階建

    都内に住む老夫婦から建て替えの相談があった。
    今後の生活を考えると、マンションに引っ越した方が良いのではと進言をさせていただいたが、それでも、夫婦はこの小さな敷地とまわりの環境に愛着があり、どうしてもこの場所に住み続けたいと言う。しかし、今の家では階段が急であったり、お風呂が狭かったりと、この先も生活し続けるのは難しく、建て替えをすることになったのである。
    そこで、小さい敷地の上、建ぺい率 50% という厳しい条件の中でどのように建物のボリュームを削ると居心地の良い住まいになるかのスタディーを何回も重ねて検証していった。その結果、円弧状にボリュームをカットするのが一番効率よく室内空間が確保できることが分かった。円弧状にボリュームカットしたあとは建物と道路の間に小さなポケットパークのようなスペースが残ることになった。このスペースは北側であるが、柔らかい反射光が集まるのを期待して壁面緑化を施した。ここは老夫婦と隣家の方たちとのちょっとしたコミュニティスペースになればと考えている。
    一方、内部空間では、老夫婦が快適に生活できるように階段は緩やかな傾斜にして、また、狭い空間を効率良く使用できるように、階段の踊り場を玄関のスペースと兼ねるようした。そして、道路からのプライバシーと安全のために、道路側には開口部をほとんど設けず、その代わり、夫婦と仲の良い隣家の庭に向かって大きく開き、採光を確保している。
    小さいボリュームの中に3層とルーフテラスを計画したため、どうしても各階の天井高は低くなってしまいがちである。そこで、天井裏の構造と照明等の配線スペースを最小限に残し波状に天井をカットした。そうすることで、天井が高くなるだけでなく、空間に「ゆらぎ」や「リズム」のような効果が生まれ、実際よりも空間が大きく感じられるようになった。3階からはルーフテラスにも上れるようになっており、マンションでは味わえない生活を今後も楽しんでいただけたらと期待している。

    < japanese english >

  • We were requested a consultation of a small house project by an older couple living in Tokyo.
    Considering their age, we recommended the couple to relocate and live in a comfortable apartment, but due to familiarity of the land and its neighborhood, they strongly wished to continue living on this same land that they have lived for many years. Existing house had steep staircase and narrow bathroom which were all too hard on their age, so the plan was to rebuild the house completely that would suit their current lifestyle.
    This small site had many challenges, including maximum building coverage ratio being only 50%. We did many studies and tried to find a comfortable habitable solution. In conclusion, we found that encarving a volume in an arc shape is the best way to efficiency ensure indoor space. This also leaves a small outdoor space -which resembles a tiny pocket park- after cutting out an arc-like volume between the building and the front road. Although this pocket park is located on the northern end of the site, we made a “greening wall” to anticipate soft reflection of light. We hoped that this would function as a community space for the residents and their neighbors.
    Inside the house, we designed gentle stairs for the couple and combined stair landing and entrance for an efficiency of this narrow site. Also, for safety and privacy from the street, we minimized window openings on the street side. Instead, the house is oriented towards their neighbor’s garden with large window openings which let in ample of nature daylight.
    We created three levels and a roof terrace inside the small volume so ceiling height of each floor was rather limited. We thus designed wavy ceilings by minimizing above-ceiling space for structure and necessary wirings. By doing so, not only does each floor becomes and feels high, but it takes on a “fluctuation” and “rhythmic” behavior. As a result, space feels larger than it is. The house also has a roof terrace, and we hope the couple would enjoy a lifestyle in this house that they would not be able to in an apartment.

    < japanese english >