Oeuf (ウフ)

img_1
img_2
img_3
img_4
img_5
img_6
Oeuf ウフ カフェ 野川公園
img_8
img_9
img_10
img_11
img_12
img_13
img_14
img_15
img_16
img_17
  • (c) Takumi Ota

Oeuf (ウフ)

  • 竣工年  :2011年
    設計   :flathouse
    施工   :ワンズライフホーム
    所在地  :東京都三鷹市
    敷地面積 :100.10m2
    建築面積 :49.00m2
    延床面積 :79.36m2
    木造地上3階建

    東京武蔵野には比較的大きな公園がいくつもある。この小さな建物はその一つである野川公園を正面に計画された。クライアントはまだ20代の若い夫婦である。美大出身の夫婦はそれぞれ就職した会社でそのセンスを発揮している。そんな彼らが要望したのは「小さな美術館」のような建物だった。また、そのプログラムは1階にギャラリー、カフェ、アトリエ、そして2階に彼らのための必要最低限の住居スペースである。
    彼らは単なる二人の住処としてでなく、コミュニティーの場を必要と感じていた。
    そういう意味で、1階は様々な状況に対応できるようにできるだけフレキシビリティを持たせる方が良い。そのような考え方から、プログラムごとに部屋を壁で仕切るのではなく、奥行きや関係性でプログラムを緩やかに分節するという方法が浮かび上がってきた。
    具体的には単純な正方形のプランの中心にキッチンとトイレを入れた楕円に近いボリュームを配置した。楕円はキッチンとトイレの必要な空間の大きさから微妙に変形され、その配置もギャラリー、カフェ、アトリエの関係性と必要な面積を考え中心からずらしている。
    この歪んだ楕円により、ギャラリーとカフェはそれぞれの場所からそれぞれを刺激する関係性をつくりながら緩やかに分かれており、アトリエは他のプログラムからは奥の落ち着いた場所に見え隠れしながら存在している。
    一方、2階は1階の半分の面積に抑え、簡素なシャワーユニットがある寝室である。2階のインナーバルコニーからは1階の吹き抜けの様子が分かるようにし、公園からの来客者があればすぐに対応できるようになっている。
    この建物が完成してから夫婦は1年間の準備期間を経て営業を開始した。現在は日曜日だけ営業する至福のカフェとして地元で知られる存在となっている。しかしながら、まだ、ギャラリーは準備期間中と聞く。これからも、ゆっくりと時間をかけて野川公園の前にひっそりと存在する「小さな美術館」となっていくのがとても楽しみである。

    < japanese english >

  • There are several relatively large parks in Musashino, Tokyo and this small building was built in front of one of them - Nogawa Park. The owners are a young married couple in their 20s. Both of them art graduates who have jobs in companies where they are able to demonstrate their artistic senses and creative skills. They dreamed of having a building like a "small art museum". They also wished for a gallery, a café, and a studio on the first floor, as well as a small living space on the second floor.
    They felt that they didn’t just need a dwelling for two people, but also a place for the community.
    Considering this, it was important to provide a space with as much flexibility as possible, so that the first floor could fulfill a variety of roles. To this end, the idea came to mind of loosely and fluidly exploring the depths and relationships of the space, rather than separating each individual room with walls.
    More specifically, this meant creating an oval space accommodating the kitchen and toilet areas, placed in the center of a space which base shape is a simple square. With regards to the area set aside for the gallery, café, and studio, the oval is slightly distorted due to the amount of space necessary for the kitchen and toilet, as well as being slightly shifted from the center.
    With this distorted oval, the gallery and the café are loosely divided, building a relationship which stimulates each space. At the same time, the studio is located in a private relaxing space away from the other areas.
    Moving up, we see a second floor which is half the size of the first floor, containing a simple shower unit in the bedroom. The first floor's atrium can be seen from the inner balcony on the second floor, so any visitors coming from the park can be welcomed without delay.
    After the building was completed, the couple took one year getting things ready before opening for business. Currently, the locals know the building as the “happy café”, which is only open on Sundays. The gallery, however, is apparently not yet ready to open. It will be interesting to see how the "Little Art Museum", which sits quietly in front of Nogawa Park, develops over the time.

    < japanese english >