ツボミ ハウス | Tsubomi House

ツボミ ハウス tsubomi house bud 住宅兼クッキー屋さん
img_2
img_3
img_4
img_5
img_6
img_7
img_8
img_9
img_10
img_11
img_12
img_13
img_14
img_15
img_16
img_17
  • (c) Takumi Ota

ツボミ ハウス | Tsubomi House

  • 竣工年  :2010年
    設計   :flathouse
    施工   :長橋工務店
    所在地  :東京都
    敷地面積 :46.76m2
    建築面積 :26.19m2
    延床面積 :77.44m2
    木造 地下1階
    地上2階建

    東京のベットタウン世田谷の旗竿敷地に計画された小さな住宅である。
    当初から、住宅の一部をクッキー屋さんにしたいというのが大きな要望の一つであった。しかし、もともと小さい敷地の上に旗竿地という条件の中で店舗兼住宅を納めるのは困難を極めた。そこで、東京にかつてからある職住一体の町屋の生活を思い浮かべてみた。それは、店舗と家とがとても近い距離で接続されているだけでなく、そこに訪れる来客とも結びついたコミュニティのある楽しい日常である。今回の計画でもそのようにお店と住宅が断絶せず、むしろ開放的で繋がっていくような構成を考えられないか、そこに住むご家族とお店に訪れるご近所のお客さんとが自然と結びついていくコミュニティが実現できないかを検討していくようになった。
    具体的には1階のお店を含め5畳ほどの小さな空間を数珠状に半階ずつずらしながら垂直方向に重ねていった。高度斜線のため切られてしまう屋根部分は思い切ってトップライトにして、半階ずれた床に乱反射しながら最下階まで光が届くようにした。
    間仕切りはほとんどなく、お店と家との間もガラスがはめられた「ふすま」のようなもので、かろうじて仕切られるようにしてあるだけである。また、室内の床、壁、天井のほとんどはラーチ合板を菱形にカットしたもので仕上げた。ラーチ合板は最も安価な建築材料の一つであるが、一手間掛けることで、非常に奥深い表情を持つ材料に生まれ変わる。同じく外壁のガルバリウム鋼板はメンテナンスが楽で安価な材料であるが、やはり一手間掛けて、これまでにないユニークな表情を持つ外観となる。
    この住宅は小さいスペースが「ひだ」のように折れ曲がりながら深く繋がっていくような内部空間と上部に向かって尖っていく外観から「ツボミハウス」という名前がつけられた。クッキー屋さんも開店してから順調にお客さんを増やし、現在では定期的に「マルシェ」と呼ばれる小さな市場が敷地の旗竿部分で開かれるほど街で親しまれている建築となっている。

    < japanese english >

  • This house is very tiny.
    Footprint of this house, including the biscuit shop that is part of the house, is only 26m2. The entire house is divided into seven split levels without partitions and all levels are connected by a staircase situated in the middle of the house. From the shop on the ground floor, this metal staircase connects the kitchen and the dining on 1.5 level, then the living space on 2 level, and finally the sleeping area on the top floor that is shared by all family members. A second set of concrete steps continue from the ground floor to the basement, housing the shop and its bathroom.
    Every split level is small – there is barely enough space to place essential furniture. But each space feels sufficient and roomy. This is because all spaces are divided and isolated by different levels but connect one space from another. This gives a feel that each resident lives in multiple small spaces yet one large space simultaneously.
    Almost all interior surfaces are made of larch plywood. Each panel is cut into parallelogram and laid out in herringbone pattern. This pattern is repeated on the ivory façade made of galvanized steel sheets and consistently applied to the exterior as well as the interior, evoking more three-dimensional experience.
    Today, people communicate, get information and watch television by mobile phone or smart phone in a public space, like inside train. Each family member already has his/her private media even without his/her own private room. So, no one feels the inconvenience.
    With every space being so small and further without walls, can be advantageous - residents can move quickly from one space to another. This constant movement can be compared to “mutters of Twitter” where short messages are sent out through the internet. Each space is very small but every action in these small spaces is unique. And the various actions connect one another. Sometimes, the wife stands talking with a customer in the biscuit shop on the first level, then drinks a cup of tea at the dining space on the 1.5 level, then moves up to the second level and watch TV, all in a very small time frame.
    We hope the house resembles a closed flower bud squeezed into a metropolis.

    < japanese english >